肘の黒ずみの原因と対策について

肘は自分からは見えにくいためどうなっているか分からないですよね。ですが、夏に半そでなどで露出しているときに周りから見えるという事を知っていますか?肘が黒ずんでいるとどうしても不潔に見えてしまうので肘の黒ずみを解消する方法などを紹介したいと思います。

肘に黒ずみが起こる理由とは何か

では、何故肘が黒くなってしまうのかというと、机に肘をついたりしているために黒ずみを引き起こしているからです。普段頬杖をついたりしたときに肘をついていませんか?癖で行っている人もいるので肘をついているという自覚がない人もいると思います。そして、肘は他の部分よりも皮脂腺が少ないので酷使する事で肌に負担がかかります。その結果、皮脂を守るために大量に作られたメラニン色素が皮脂腺の少ない肘のうえで上手に排出されないため、時間とともに黒ずみで残ってしまいます。肘が黒ずむのを防ぎたければ肘をつかないように生活を工夫していく事が大切です。特にクセになってしまっている人は出来る限り改善していくと良いですね。まず、肘がつく癖がないか確かめてみましょう。

肘の黒ずみにはどんな原因があるのか

では、肘が黒ずんでしまう原因を紹介したいと思います。まず、日常的に起こる摩擦でおきます。肘がすれると摩擦が起きますよね。皮膚との些細なすれでも肘を黒くしてしまうので肘がすれるような服は控えることが大切です。そして、何気ない動作から起こりやすい圧迫でも肘が黒ずんでしまいます。日常的にテーブルに肘をついたり、頬杖をつくと圧力が加わり、メラニンが蓄積してしまいます。そして、乾燥でも肘が黒ずんでしまいます。肘は毛穴が少なく、皮脂腺も少ないため水分がとても少ないです。そのため、乾燥しやすい部分なので他の皮膚と比べても乾燥しやすいです。そして最後は紫外線も肘を黒くする原因になります。外的刺激と言われる紫外線も肘を黒くしてしまう原因になるので肘もしっかりと紫外線予防をするようにしてくださいね。

肘の黒ずみの解消と予防法について

では、肘の黒ずみを解消するおすすめの方法を紹介します。今回紹介するのはヨーグルトパックです。実はヨーグルトにはピーリング効果や肌代謝を促進する働きがあります。ヨーグルトと小麦粉を同じ割合で混ぜたものを入浴後、肌が温まっていてやわらかくなっているときに気になる黒ずみの部分につけて軽くマッサージをします。これは週に1回~2回くらい行うと良いですね。そして、肌を柔らかくすることもとてもおすすめです。化粧水などを使ってお肌を柔らかくすると黒ずみに効果があります。化粧水を使うと角質の細胞や細胞の間スキマに潤いを与える事ができ、皮膚の通り道が出来るのでクリームなどの浸透力が高まります。つまり、皮膚を柔らかくして保湿をするとしっかりと保護することが出来るので黒ずみを対策と予防にもなります。是非、試してみてくださいね。

肘の黒ずみが出来ないようにするには

このように、肘の黒ずみについて紹介しました。肘は自分では見にくい部分なので黒ずんでいる事に気がついていない人もいるのではないでしょうか。ですが、夏になると肘を露出することが多いので黒ずみがあるならしっかり改善したいですよね。黒ずみの原因を取り除き、綺麗な肘を保つようにしましょう。